【セゾンコバルト】副業・フリーランスを始めるならビジネスカードを持とう!

ビジネスカードのメリットとおすすめの1枚おすすめカード
ビジネスカードのメリットとおすすめの1枚

最近はサラリーマンをしながら副業・複業をしたり、フリーランスで個人事業を始める方がとても増えていますよね。

あなたも「別の事業を始めたい!」と計画されているのなら、普段お使いの「個人向けクレジットカード」とは別に「ビジネスカード」を仕事用として持つことをオススメします。

個人用クレジットカードと仕事用クレジットカード
個人用と仕事用とでクレジットカードを区別する

わざわざビジネスカードを作らなきゃいけないの?

知らないことがいっぱいだわ・・

  • そもそもビジネスカードと個人カードとは何が異なるのか?
  • ビジネスカードを持つことによる仕事上のメリットは?
  • 「はじめてのビジネスカード」の選び方は?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事ではこれから副業やフリーランスを始める方に向けて、ビジネスカードの特徴や選び方について解説するとともに、はじめてのビジネスカードとして最適な「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を紹介します。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

ビジネスカードの特徴やメリット

これから副業や復業、フリーランスとして個人事業を始めようとしているのなら、ビジネスカードを持てば次のようなメリットを得られます。

お金の管理が楽になる

普段お使いの「個人カード」ですべての支払いを決済したとしましょう。

するとプライベート用の支払いとお仕事用の支払いが混在していしまいますよね。

後日 お仕事で使った分だけの会計処理をしたいとき、「いつ、どこで、何を買ったのか」を一つ一つ分別するのはかなりの手間になるでしょう。

確定申告の時期が近づいて、この作業であたふたするのは避けたいものです。

会計処理で大変な人
会計処理が大変!

プライベートの買い物は「個人カード」で支払い、お仕事関連は「ビジネスカード」で決済するよう分けてしまえば、後々の会計処理はとても楽になります。

経費でポイントがたまる

これから始める業種にもよりますが、仕入れや運営上の支払い等で経費が何十万円も掛かることもあるでしょう。

それを現金で支払ったら何のメリットはありませんが、ビジネスカードで決済すればポイントがたまります。

たまったポイントをうまく活用すれば経費削減にもつながります。

ポイントを喜ぶ男女
仕事の経費でもポイントをゲット!

ビジネスカードは限度額が高い

あなたがお持ちの「個人カード」の限度額はどのくらいでしょうか?

一般カードでしたら「〜80万円」くらいが相場だと思われます。

(ゴールドやプラチナカード・・でしたらさらに高額になります。)

それに比べて「ビジネスカード」は仕事で決済するためのカードということで、限度額が高めに設定されています

これによりある程度大きな金額でも決済でき、仕入れなどに余裕が持てるでしょう。

クレジットカードで大量に購入
ビジネスカードで大量に購入

支払いを先延ばしにできる

現時点で十分な資金(現金)がなくても、カード決済なら実際の支払いを1〜2ヶ月後ろに遅らせることができます。

うまく計画を立てて活用すれば使えば、仕事上かなり助けになるでしょう。

スケジュールを立てる人
計画的に使えばメリット大!

年会費を経費にできる

ビジネスカードなら年会費を経費として計上することが可能です。

カードの種類によっては年会費が高額なものもありますので、この点をうまく利用しましょう。

カード決済を計算する人
経費として活用

ビジネス向きの特典を活用

ビジネスカードによっては「レンタルサーバー初期費用が無料になる」等、ビジネス向きの特典が付帯しているものがあります。

ご自分お事業に適した特典が付いているなら、これを活用しない手はありません。

新しい事業ではレンタルサーバーを使うから、この特典は嬉しいなぁ。

レンタルサーバー
レンタルサーバー

カード会社の規約に違反しないように

ここまで読まれてきて、こんな疑問つ人もいるかもしれません。

何枚か「個人カード」を持っているなら、そのうちの1枚をお仕事用に使えばいいのでは?

わざわざビジネスカードを作らなくてもいいと思うんだけど・・

しかしカード会社の規約には 個人カードを事業用の支払いに使うことはできない旨の記載がされています。

実際にカード会社が決済を厳密にチェックしているかは不明ですが、原則としては禁止されてる行為にあたるのです。

個人カードは使えない
事業用決済に個人カードは使用不可

「規約に違反しないため」という意味でもビジネスカードを持った方が無難です。

はじめてのビジネスカードの選び方

ビジネスカードを作るときにも審査ってあるんですか?

もちろん審査はあります。

ビジネスカードも(個人カードと同様に)審査に通らなければ作れません。

多くの方が気になるのは審査のことでしょう。

なにせこれから新事業を始めようとしているわけですから、現時点での「実績」はほぼゼロです。

果たしてそんな人にビジネスカードを発行してくれるのでしょうか?

合否判定を待つ人
ビジネスカードの審査に通るだろうか・・

ビジネスカードの中には 「作ったばかりの会社ではなく、あなた個人を審査してくれるものがあります。

まさにこれから事業を始める人向けに用意されたカードであり、登記簿謄本や決算書の提出も不要となっているのが特徴です。

はじめてのビジネスカードを作る際は、次のような基準で探してみてはいかがでしょうか。

おすすめの基準
  • 「会社として」ではなく「個人として」申し込みができて「個人」を審査してもらえるもの。
  • 個人の銀行口座を引き落とし口座に指定できるもの。(会社の口座が不要)
  • 登記簿謄本や決算書の提出が不要なもの。
  • 年会費が安いもの。
  • 初年度の年会費が無料など、入会キャンペーンがあるもの。
  • 一般的に人気があり、安心して利用できるもの。

おすすめのビジネスカード

これから副業したりフリーランスとして独立する人に向けて、ここでは「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を紹介します。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

すごく格好いいカードですね!

申し込み条件

はじめてビジネスカードを申し込む際はいろいろ心配事もあるでしょうが、このカードには次のような特徴があります。

  • 個人事業主やフリーランスでも申し込みが可能。
  • 指定口座については「法人名義口座」「個人名義口座」のどちらでも大丈夫。
  • 必要書類は本人確認書類のみで、登記簿謄本や決算書は不要。

これから事業を始める今の僕にピッタリ!

すぐに申し込もうかな〜。

はじめてのビジネスカードには最適な特徴でしょ!?

年会費

本カードの年会費は永年無料です。

無料を喜ぶ人
年会費は永年無料!

ここで以前からこのカードをご存知の方は不思議に思ったかもしれません。

なぜなら元々は1,100円(税込)の年会費が掛かるカードだったからです。

実は2022年に年会費の改定が行われ、同年の3月4日請求分より永年無料となりました。

ユーサーにとって嬉しい改定ですよね♪

利用限度額

利用限度額はカード会員によって異なりますが、最高で500万円となっています。

年会費が無料にもかかわらず、ここまで利用させてもらえるのなんてスゴいですよね。

どんなビジネスで使うにしても利用限度額が高いカードは重宝しますから。

店頭でカード決済
大量の仕入れ分をカード決済!

追加カード

社員や家族に「追加カード」を持たせたい場合、9名分まで永年無料で発行することができます。

社員たちの使用状況について明細にて的確に把握できるのも便利ですよ。

社員
社員に追加カードを発行

また ETCカードも年会費無料で発行できます。

高速道路
高速道路を多用する人にも便利!

お得なサービスが付帯

本カードで決済するごとに「永久不滅ポイント」がたまっていきます。

基本的なポイント還元率は「0.5%」ですが、以下のサービスに限っては還元率がその4倍の「2.0%」にアップします。

ポイント4倍の限定サービス
ポイント4倍の限定サービス

お仕事で上記のIT系サービスを常用するのでしたら「永久不滅ポイント」がたくさんたまりそうですね。

さらに上記のサービスのうち「X server」「かんたんクラウド」を利用する方なら、次のような優待も受けられます。

  • 「X server」の初回利用料金から最大16,500円割引き。
  • 「かんたんクラウド」の月額料料が2ヶ月無料。

自社ホームページの運営に活用したいですね。

新規入会キャンペーンあり

いま「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に新規入会して利用すると、最大 8,000円 相当の「永久不滅ポイント」がプレゼントされます。

どうせ作るならこのキャンペーンを活用しなきゃ!

ただしポイントをもらうためには「カード発行後いつまでに◯◯すること・・」等の条件がありますので注意しましょう。

キャンペーンの詳細はセゾンカードの特設サイトをご覧ください。

※本キャンペーンは2022/11/04時点でのものであり、その内容が変更(もしくは終了)される場合もありますのでご了承ください。

デメリットについて

本カードのデメリットを挙げるとすれば、「旅行傷害保険」や「空港ラウンジの利用サービス」が付帯されていないことでしょうか。

海外旅行
海外旅行

これらのサービスをお望みでしたら、上位カードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の方がよいかもしれません。

ただし22,000円(税込)の年会費が掛かります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードの中には「年会費無料」で「海外旅行傷害保険が付帯する」ものもありますので、サブカードとして持ってもいいでしょう。

まとめ

これから副業したりフリーランスとして独立される予定なら、ぜひビジネスカードを作っておきましょう。

おすすめは「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

申し込み条件も今のあなたに最適でしょうし、ちょうどお得な入会キャンペーンが実施されています。

新事業を運営する上でうまく活用しましょう。