三井住友カードゴールド(NL)とエポスゴールドカードを比較検証!あなたが求める特典は?

年会費が永年無料のゴールドカードを持つならどちら?おすすめカード
年会費が永年無料のゴールドカードを持つならどちら?

最近は年会費永年無料で持てるゴールドカード(条件あり)が増えてきました。

とってもお得な感じがしますし、1枚作ろうかと考えている人も多いではないでしょうか?

年会費無料のゴールドカード
年会費無料のゴールドカード

そんな人たちが最後まで迷いそうなカードが次の2枚です。

  • 三井住友カードゴールド (NL)
  • エポスゴールドカード
三井住友かエポスか
三井住友とエポス、どちらを作ろうかしら・・

両カードとも年間で一定金額を利用することで年会費を永年無料にでき、詳しく調べれば調べるほどスペックや特典が似ていることに気づくでしょう。

どちらを選んだ方が得するのかしら??

そこで本記事では「三井住友カードゴールド(NL)」と「エポスゴールドカード」が持つ特徴を1つ1つ比較し、「どんな人が、どちらのカードを選ぶべきか?」検証していきます。

カードを新規発行される前にぜひ参考にしていただき、自分に適した1枚をチョイスしてください。

スポンサーリンク

カード概要

まずは「三井住友カードゴールド (NL)」と「エポスゴールドカード」の概要を見てみましょう。

三井住友カードゴールド (NL)

三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードゴールド(NL)
  • 三井住友カードが発行するゴールドカードで、カード前面/裏面ともに番号等の記載がないナンバーレスカードです。
  • カード番号はスマホの「VPassアプリ」で確認します。
  • 国際ブランドは「VISA」と「Mastercard」があり、デュアル(両方とも)発行することも可能です。
  • 原則として満20歳以上で安定継続収入のある方が申し込みできます。

三井住友カードって安心のイメージがありますよね。

エポスゴールドカード

エポスゴールド
エポスゴールド
  • エポスカードが発行するゴールドカードで、縦型のスタイリッシュなデザインが特徴です。
  • カード表面にカード番号等の記載はなく、すべて裏面に書かれています。
  • 国際ブランドは「VISA」のみです。
  • 20歳以上の方(学生を除く)が申し込みできます。

カードのデザインが格好いいですね!

スペックや特徴を比較

2枚のゴールドカードのスペックや特徴を1つ1つ比較してみましょう。

年会費

両カードとも年会費はかかるものの、特定の条件をクリアすれば永年無料にすることが可能です。

三井住友エポス
年会費は 5,500円(税込)/年年会費は 5,000円(税込)/年
年間「100万円以上」利用で次年度より永年無料年間「50万円以上」利用で次年度より永年無料
年会費の比較

年会費は両カードとも同じくらいですね。

がんばって永年無料にしたいなぁ〜。

永年無料にするための条件はエポスの方がやさしいのね。

50万円でクリアできるなら達成できそう♪

ここでエポスカードのお得な情報を紹介します。

もし年会費をまったく掛けずにエポスゴールドカードを持ちたいなら、いきなりゴールドカードを申し込むのではなく、まずは一般カードを作ることをオススメします。

エポスの一般カードは年会費無料ですから。

えっ?

私がほしいのはゴールドカードなんだけど・・?

一般カードを作ったら決済を集中させ、年間「50万円」を目標にどんどん活用しましょう。

するとエポスさんからインビテーション(招待状)が届くはずです。

よかったらゴールドカードに切り替えませんか?

インビテーション経由でゴールドカードに切り替えれば、そのカードは初年度からずっと「永年無料」になるんですよ。

その方法なら年会費が(初年度を含めて)まったく掛からないんですね。

超お得な方法ですねー♪

一般的にインビテーションをもらうには年間50万円の利用が必要と言われてますが、実際には「半年20万円ほど利用しただけで届いた!」という声人もいらっしゃいます。

そうなればかなりラッキーですよね!

エポスカードの申し込みはこちら

家族カード

次は家族カードについて比べてみましょう。

三井住友エポス
年会費無料で取得可能。家族カードなし。
家族カードの比較

えっ、エポスには家族カードがないの?

かわりに「エポスファミリーゴールド」というサービスがあるので心配入りません。

エポスゴールドカード所有者が家族を紹介すれば、その人もゴールドカードを持てますよ。

もちろん年会費は無料です。

ポイント

ポイント還元率やお得な使い方については多くの方が気になるところでしょう。

じっくり見比べてみてください。

三井住友エポス
Vポイント
(有効期限は3年間)
エポスポイント
(有効期限なし)
基本的な還元率は「0.5%」基本的な還元率は「0.5%」
年間100万円利用すると「1万ポイント」もらえるため、このとき還元率は実質「1.5%」となる。年間100万円利用すると「1万ポイント」もらえるため、このとき還元率は実質「1.5%」となる。
また 年間50万円利用した際は「2500ポイント」もらえ、還元率は実質「0.75%」になる。
お好きな店舗を3まで登録し、そこでのポイントは「+0.5%」になる。お好きな店舗を3まで登録し、そこでのポイントは「3倍」になる。
次の店舗での決済時はポイント最大「5%」還元。
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ポプラ、セイコーマート、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、すき家、ココス、サイゼリヤ、はま寿司、かっぱ寿司
マルイでのお買い物はポイント「2倍」
「年4回のご優待期間(マルコとマルオの7日間)」は「10%オフ」になる。
「Vポイントアプリ」にチャージして利用できる。「エポスVISAプリペイドカード」にチャージして利用できる。
SBI証券の投資信託を本カードで積立することができ、積立額の1%のVポイントが毎月たまる。エポスポイントでtsumiki証券の投資信託が買える。
購入金額や積立期間に応じてポイントがたまる。
ポイントの比較

この2枚のカード、ポイント関連のスペックが本当に似ていますね。

両カードとも年間100万円利用すればポイント還元率が「1.5%」にアップします。

ポイントアップのお店を3つまで登録できる点も同じですね。

あながたどこでお買い物するかが決め手になるでしょう。

たまったVポイントはキャッシュバックという使い方が便利です。

エポスポイントはAmazonギフトカードに交換して使うこともできます。

支払い方法

両カードともいろいろな決済手段があります。

三井住友エポス
VISAのカード決済
またはMastercardのカード決済
VISAのカード決済
VISAのタッチ決済
またはMastercardコンタクトレス
VISAのタッチ決済
Apple PayApple Pay
Google PayGoogle Pay
その他、iD等の電子マネーも利用可能その他、QUICPay等の電子マネーも利用可能
支払い方法の比較

ともにタッチ決済やスマホ決済に対応済みです。

海外旅行傷害保険

ここからはカードに付帯する旅行傷害保険を比べてみます。

まずは「海外旅行」の保険からご覧ください。

三井住友エポス
【利用付帯】【自動付帯】
傷害死亡・後遺障害(最高)2,000万円(最高)1,000万円
傷害治療費用100万円300万円
疾病治療費用100万円300万円
賠償責任2,500万円2,000万円
携行品損害
(免責3,000円)
20万円20万円
救援者費用150万円100万円
海外旅行障害保険の比較

三井住友が「利用付帯」であるのに対し、エポスは「自動付帯」なんですね。

三井住友カードの場合、そのカードで旅費等を決済しないと保険は適用されません。

エポスカードは持ってるだけで保険が適用されますよ。

国内旅行傷害保険

つづいて「国内旅行」の保険を比較してみます。

三井住友エポス
【利用付帯】
傷害死亡・後遺障害(最高)2,000万円なし
国内旅行傷害保険の比較

三井住友には「国内旅行傷害保険」まで付いているのに対し、

エポスの方には付いていないのかぁ・・

三井住友カードの場合、もし「海外/国内旅行傷害保険」が必要ないなら、この保険を外して別の保険に切り替えることも可能です。

あまり旅行に行かない人にとって嬉しいサービスですね。

ショッピング保険

次は「ショッピング保険」についてです。

三井住友エポス
1年間に300万円までなし
ショッピング保険の比較

「ショッピング保険」が付帯するのは三井住友カードだけです。

空港ラウンジ利用

ゴールドカードといえば空港ラウンジが利用できるか気になりますよね。

三井住友エポス
利用可利用可
空港ラウンジ利用の比較

両カードとも主要空港においてラウンジを利用することができます。

まとめ

ここまで「三井住友カードゴールド (NL)」と「エポスゴールドカード」の特徴を1つ1つ比較してきましたが、両方ともかなり魅力的なカードといえるでしょう。

しかも条件さえクリアすれば年会費を永年無料にできるのですから、これは狙うしかありませんね!

ゴールドカードの比較・検証結果
  • 「三井住友カードゴールド (NL)」は年間「100万円以上」、「エポスゴールドカード」は年間「50万円以上」利用すれば次年度より年会費を永年無料にできる。
  • エポスカードは一般カードから始めることで初年度の年会費すら無料にすることも可能。
  • 両カードとも年間「100万円」利用すれば還元率が「1.5%」にアップ!
  • コンビニや特定の飲食店を多用する人は三井住友カードがお得!(最大5%還元)
  • マルイを多用する人はエポスカードがお得!(優待期間は10%オフ)
  • 両カードともポイントを投資信託に利用可能。
  • エポスカードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」!
  • 三井住友カードなら国内旅行傷害保険およびショッピング保険も付帯する。
  • 三井住友カードは旅行傷害保険を別の保険に切り替え可能。

「自分はどのお店をよく利用するのか?」「旅行にはよく行くのか(海外か、国内か)?」など、生活スタイルを見直していただき、どちらのカードが自分に適しているかを見極めましょう。

なんなら2枚とも発行し、並行して"修行する"のもアリだと思いますよ。(笑)

エポスカードの申し込みはこちら