本ページはプロモーションが含まれています。

【Laco】パイロットウォッチ誕生当時のミリタリーテイストを色濃く継承!

ラコの代表モデル「Augsburg39」を徹底レビュー! 機械式
ラコの代表モデル「Augsburg39」を徹底レビュー!

ここ最近の腕時計専門誌やWebサイトでは パイロットウォッチミリタリーウォッチの特集をよく見かけます。

その歴史的背景に興味を持つ人もいれば、ファッションアイテムとして楽しむ人が増えてきたらしく、人気どんどん高くなっているのだとか。

ミリタリーな雰囲気がカジュアル系ファッションと相性抜群!

さて、あなたはパイロットウォッチと聞いてどんなモデルを思い浮かべますか?

たくさんの時計メーカーがパイロットウォッチをリリースしており、世界的に有名なモデルもいくつかありますよね。

今回の記事で取り上げるのは、"知る人ぞ知る"ブランド「Laco(ラコ)」のパイロットウォッチです。

「Laco」??

初めて聞くブランドかも・・

「Laco」というのはドイツの時計ブランドです。

しかも100年近く歴史のある老舗ブランドなんですよ。

スポンサーリンク

パイロットウォッチのルーツとブランド

ところでパイロットウォッチが誕生した「きっかけ」をご存知ですか?

戦時中に「IWC」というメーカーがイギリス空軍から要請を受けて開発した腕時計がルーツと言われています。

つまり"戦闘機を操縦するパイロット向けの腕時計"というわけで、次のような特徴を持っています。

  • 一目で時間が分かる視認性の良さ。
  • 分厚い手袋をしていても容易に時計を操作できること。
  • 耐久性の高さ。(上空の気圧や磁気に耐えられること。)
戦闘機とパイロット
戦闘機とパイロット

そして時は流れ、現在に至るまで数多くのメーカーがパイロットウォッチを作ってきました。

先のIWCを筆頭に、ロレックスやブライトリング・ベル&ロス・ジン・ハミルトン・ラコなど・・

もちろん日本のセイコーやシチズン、オリエントもパイロットウォッチをリリースしています。

さらに新興メーカーやカジュアルウォッチ・メーカーも含めると、数えきれないほどのパイロットウォッチが市場に溢れてるんですよ。

時計店の店員
パイロットウォッチの種類は豊富!
スポンサーリンク

Laco(ラコ)とは

さて今回特集する「Laco」ですが、1925年にドイツにて創業されたブランドになります。

製造する時計の精度や信頼性が認められ、第二次世界大戦の際にはドイツ空軍にパイロットウォッチを納入していました。

ドイツ時計 Laco ラコ日本輸入総代理店 オフィシャルサイト
1925年創業 ドイツ製パイロットウォッチ Laco ラコ日本輸入総代理店 オフィシャルサイトです。ドイツより高い品質の腕時計を日本の皆さまへお届けします。

そんな歴史を持つLacoだからこそ、現在の主力ラインナップも当然パイロットウォッチです。

当時の雰囲気を色濃く残しているのが特徴で、とにかくこれが格好いいんです♪

スポンサーリンク

Laco「Augsburg 39」の紹介

Lacoのパイロットウォッチの中から、ここでは「Augsburg 39」というモデルを紹介します。

同ブランドのモデル名には「世界の都市名」が付けられるのが特徴で、「アウグスブルク」はドイツの都市名、語尾の「39」は時計のケースサイズを意味します。

「Tokio(東京)」とか「Osaka(大阪)」というモデルもあるんですよ。

開封

Lacoの外箱はこのように縦長の形状をしています。

Lacoの外箱
Lacoの外箱

中にはこのような腕時計ケースが入っており、まるで大きなメガネケースみたいですね。(笑)

Lacoの腕時計ケース
Lacoの腕時計ケース

ファスナーを開けると・・こちらが「Augsburg 39」です。

Laco Augsburg39
Laco Augsburg39

腕時計の外観

「Augsburg 39」はシンプルな3針タイプのモデルです。

文字盤にはアラビア数字が並び、12 時位置には▲(三角)マークがあり、「これぞパイロットウォッチ」という定番デザイン!

創業当時から受け継がれるミリタリーテイストがLaco製品の特徴であり魅力でもあります。

Laco Augsburg39の文字盤
Laco Augsburg39の文字盤

ケース素材はステンレス製でブラッシュ仕上げになっています。

ちなみに「Augsburg」にはケース径が39mm42mmの2種類がありますが、手首の細い私は39mmを選択しました。

風防はサファイアガラスですので傷つく心配もなく安心です。

針とインデックスはルミナス加工されており、暗いところでの視認性にも問題はありません。

腕時計の右サイドには大きなオニオン型のリューズがあります。

パイロットが分厚い手袋をしたままで操作できるようデザインされてるんですよ。

Augsburg39のリューズ
Augsburg39のリューズ

純正ベルトには厚みのあるカーフレザー製が使われています。(ラグ幅は18mm

尾錠にもちゃんと「 Laco 」のロゴが入っていますね。

Augsburg39の尾錠
Augsburg39の尾錠

ムーブメント

裏蓋はスケルトン仕様になっており、搭載するムーブメントが見えるようになっています。

Augsburg39のムーブメント
Augsburg39のムーブメント

こちらは「Laco21」という型番の自動巻き機械式ムーブメントです。

「Laco21」というムーブメントはMiyotaの「Cal. 821A」をベースにしています。

腕時計に詳しい方ならご存知かもしれませんが、「Miyota」は日本のシチズン系のブランドです。

日本のブランドというだけで不思議と安心感が持てますね。

この腕時計の防水性能は5気圧(50m)防水ですので日常防水レベルと考えましょう。

水に沈めると浸水してムーブメントが壊れる危険がありますので注意してください。

付属品

付属品として保証書と説明書が付いています。

Lacoの保証書・説明書
Lacoの保証書・説明書

スペック

Laco「Augsburg 39」のスペックを以下にまとめておきます。

名称Laco PILOT Augsburg 39
ムーブメントLaco21 自動巻き ( Miyota Cal. 821A ベース )
ケース素材ステンレススティール( ブラッシュ仕上げ )
ケース径39mm
(別バリエーションとして42mmのモデルもあり)
ケース裏蓋シースルーバック
風防サファイアガラス
ベルトカーフレザー(色はブラウン、幅は 18mm )
防水性5 気圧( 50m )防水
夜光処理3 針とインデックスがルミナス加工
付属品ケース、保証書、説明書
生産国ドイツ
価格60,500 円(税込)
(2023/02/14時点の価格です)
Augsburg 39のスペック

腕時計の使用感

「Augsburg39」を数年間使ってますが、総じて"とても良い時計"だと思いますよ。

「気に入った点」と「ちょっと気になる点」を以下にをまとめてみました。

「Augsburg 39」を気に入った点
  • 手首のフィット感がすばらしい
    ケース径が39mmと程よいサイズであるため、腕乗りがよくて満足しています。
      
  • 時間が見やすい
    シンプルな文字盤は視認性が最高で、機能的にもデザイン的にも気に入っています。
      
  • 時間の精度はまずまず
    価格的にもクロノメーター規格とは無縁ですが、日常使いで十分な精度が出ています。
    私の個体の場合は日差が+5〜10秒くらいなので優秀といえるでしょう。
      
  • プライベートでも仕事でも使える
    この手のデザインはカジュアル系のファッションと相性が良いと思います。
    さらにスーツと合わせても違和感がなく、仕事でも大活躍しますよ。
5つ星の評価をする人
「Augsburg 39」のちょっと気になる点

リューズを回したときの感触がなんとなく華奢な感じがするでしょうか・・

個人的にはもう少しシッカリした手応えがあると嬉しいかもしれません。

ホント細かいレベルの不満なんですけどね・・

自分流にカスタムして楽しもう!

腕時計のベルトを交換するだけで全体の雰囲気がガラッと変わりますよ。

季節ごとに換えてみたり、その日の気分やファッションに合わせてアレンジしてみませんか?

Augsburg39のベルト交換例
Augsburg39のベルト交換例

よりミリタリー感を強調したいなら、こんな革のリストバンドと組み合わせても楽しいかもしれません♪

さすがにスーツとの組み合わせは難しくなりますが・・

Augsburg39 + 革製リストバンド
Augsburg39 + 革製リストバンド

ちょっと別の路線を狙うならステンレスベルト仕様にするのもアリでしょう。

けっこうイメチェンできますね。

Augsburg39 + ステンレスベルト
Augsburg39 + ステンレスベルト

まとめ

パイロットウォッチは本来「機能性重視」の腕時計であり、Laco(ラコ)には昔ながらのミリタリーテイストが色濃く残っています。

今回は「Augsburg 39」というモデルを例にその魅力をお伝えしましたが、興味を持っていただけたでしょうか?

Laco(Augsburg 39)の魅力
  • 歴史と実績のあるブランドが作った正統派のパイロットウォッチ。
  • シンプルかつ見やすい文字盤は創業当時の雰囲気を残しており、その機能性も抜群。
  • 信頼性のある機械式ムーブメント(自動巻き)を搭載。
  • 手頃な価格と造りの良さ。
  • 腕になじむフィット感。

少しでも共感していただけるポイントもあれば嬉しいですし、この記事がパイロットウォッチ選びの参考になれば幸いです。