メンテナンス

メンテナンス

DIYで機械式腕時計の歩度調整!ムーブメントの緩急針を動かして精度向上!

機械式腕時計に日差があるのは当たり前。とはいえ許容範囲以上に狂うようなら精度の調整が必要です。本来は専門知識を持った者がすべき作業ですが、時計内部に興味のある人に向けてセイコーの6R15を例に歩度調整の流れを紹介します。
メンテナンス

【磁気帯び】腕時計を狂わす天敵に注意!簡単チェックで即「磁気抜き」を!

私たちの周りにはパソコンやスマホなど磁気を発するものがいっぱい!そして腕時計は磁気にとても弱く、故障の原因にもなります。もし時間が狂うようになったら「磁気帯び」してないかを確認し、見つけた場合は早急に「磁気抜き」してください。
メンテナンス

【F6922】オリエントKAMASUを歩度調整して日差5秒に精度を追い込む!

オリエントKAMASU(カマス)の実精度は日差「+10秒〜+15秒」と十分優秀ですが、今回はさらに上を狙って歩度調整を試します。搭載ムーブメントである「F1622」の緩急針を調整して「+5秒以内」を実現できるでしょうか?
メンテナンス

SEIKOにSARB035のオーバーホールを依頼した時の工程とスケジュールは?

セイコー自身が腕時計をオーバーホールしてくれるサービス「セイコー オンライン修理」。プアマンズ・グランドセイコーと呼ばれる「SARB035」を発送し、返却までどのようなスケジュールでOH作業が進むのかを検証してみます。
メンテナンス

SARB035をOH!「セイコー オンライン修理」の申込手順と発送までの流れ

プアマンズ・グランドセイコーと呼ばれた傑作「SARB035」をオーバーホールするにあたり、今回は「セイコー オンライン修理」を活用してみました。公式サイトでの申し込みから腕時計の梱包・発送までの手順を詳しく解説します。
メンテナンス

【Cal.8204】シチズンPROMASTERを歩度調整!目標の精度は日差+5秒!

機械式腕時計の歩度調整シリーズ第3弾!今回はシチズンのダイバーズ「PROMASTER(NY0125-83E)」でトライします。裏蓋オープナーでフタを開け、「8204」ムーブメントの緩急針を調整する工程をお楽しみください。
スポンサーリンク