本ページはプロモーションが含まれています。

【Cal.8204】シチズンPROMASTERを歩度調整!目標の精度は日差+5秒!

【NY0125-83E】裏蓋の開け方と緩急針の調整について メンテナンス
【NY0125-83E】裏蓋の開け方と緩急針の調整について

前回 シチズンの機械式ダイバーズウォッチ「PROMASTER(NY0125-83E)」を紹介しました。

往年の「チャレンジダイバー」を彷彿させるこのモデルは、価格以上の質感とダイバーズとして十分なスペックを備えています。

ビンテージな雰囲気がとにかく格好いいんです!

ゴールドがいい感じのアクセントになっていますね。

この時計の精度に関して、シチズン公式では「日差 −20 ~ +40秒」と発表されています。

実際に私の個体は「+15秒」前後くらいであり、この数値は機械式腕時計として決して悪いものではないのですが・・

あくまで個人的な興味から、今回「歩度調整」をして精度を追い込んでみたので紹介します。

これから紹介する「歩度調整」は専門業者が行うような作業です。

時計内部に手を加えることで故障する可能性もあります

自己責任での作業となりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

作業に必要なツール

さっそくこちらの「PROMASTER(NY0125-83E)」の内部にアクセスしてみましょうか。

PROMASTER(NY0125-83E)
PROMASTER(NY0125-83E)

この時計の裏蓋はスクリューバック式で、周辺に5箇所に窪みがあります。

6箇所に窪みがある時計はよく見かけますが、5箇所というのは珍しいかもしれませんね。

「NY0125-83E」の裏蓋
PROMASTER(NY0125-83E)の裏蓋

このような構造の裏蓋を開けるためには専用のツールが必要になります。

それがこちら。3点支持「裏蓋オープナー」です。

裏蓋オープナー
裏蓋オープナー

腕時計によって「裏蓋の窪み」の間隔は異なりますので、自在に調整できるようになっています。

(最大で55mmまで対応)

開閉幅を調整可能
開閉幅を調整可能

3点支持の部分には「ビット」と呼ばれる爪のようなパーツを取り付けます。

形状の異なる付け替え用のビットが付属していますので、あなたの時計にフィットするものを選びましょう。

付け替え用のビット
付け替え用のビット

アマゾンで「三点支持オープナー」を検索した結果はこちら。

スポンサーリンク

腕時計の裏蓋をオープン

まず裏蓋オープナーに適切なビットを取り付けます。(3箇所)

裏蓋オープナーにビットを取り付け
裏蓋オープナーにビットを取り付け

各ビットが裏蓋の窪み(3箇所)に引っ掛かるよう裏蓋オープナーをかぶせます。

裏蓋の窪み
裏蓋の窪み

裏蓋オープナーをうまく固定できたら「反時計回り」に回してみてください。

裏蓋オープナーを回す
裏蓋オープナーを回す

裏蓋が外れ、これでムーブメントにアクセスできるようになりました。

PROMASTER(NY0125-83E)の内部
PROMASTER(NY0125-83E)の内部
スポンサーリンク

歩度調整

ご自分で歩度調整する場合は自己責任となります!

こちらが「PROMASTER NY0125-83E」に搭載される「8204」ムーブメントです。

これから「緩急針」と呼ばれる部品(赤色の部分)を動かして調整を行います。

「8204」ムーブメントの緩急針
「8204」ムーブメントの緩急針

緩急針を「+」側に動かすと日差がプラス方向に調整されます。

逆に「ー」側に動かすと日差はマイナス方向に調整されます。

緩急針の真下ではゼンマイが動いています。

誤ってゼンマイに触れると故障することもあるため十分注意してください。

このとき「緩急針を何ミリ動かすと日差は何秒変わるのか?」といった目安などはありません。

つまりやってみないと変化の具合は分からないのです。(汗)

「+」側に動かしたら時間が進みすぎて・・

「ー」側に戻したら逆に遅れ気味になって・・

仕方なくまた「+」側に動かしてみる・・

この作業をひたすら繰り返してちょうどいい「終着点」を見つけることになるでしょう。

時間と手間がかかることは覚悟してください。

まとめ

今回の歩度調整は(故障することなく)無事に完了し、いま私の時計は「日差が +5秒前後」という驚くほど優秀な精度で動いています。

時間の経過とともにいずれ精度は劣化するかもしれませんが、現段階では大成功ですね。

歩度調整の作業は自己責任となるためあまりオススメできませんが、愛用の腕時計を自分でメンテするのはホント楽しいものですよ♪