本ページはプロモーションが含まれています。

KAMASUをNATOベルト仕様に!ミリタリーテイストなダイバーズに変身!

ダイバーズとNATOベルトは相性抜群!丈夫で水にも強い! カスタム
ダイバーズとNATOベルトは相性抜群!丈夫で水にも強い!

この夏に向けて機械式ダイバーズをお探しなら、オリエントの「KAMASU(カマス)」はいかがでしょう。

比較的リーズナブルなわりに質感が高く、ダイバーズとしての十分な性能と剛健さを備え、デイリーユーからハードユースまでこの1本で対応できますよ。

そしてKAMASUのデザインは「これぞダイバーズ!」というド定番なもの!

純正仕様のままでも十分格好いいのですが・・

今回はステンレスベルトを外して「NATOベルト」に交換し、ミリタリー・テイストなダイバーズにイメチェンしてみようと思います。

ダイバーズウォッチとNATOベルトはとても相性がいいんです。

けっこう雰囲気が変わりますよ〜♪

スポンサーリンク

NATOベルトとは

NATOベルトとはナイロン素材でできた腕時計ストラップのことです。

軽くて丈夫、そして水に強いのでアウトドアやスポーツでの使用にピッタリです。

一見するとカジュアルなイメージがありますが、最近では高級時計にNATOベルトが標準装備されることも増えましたよね。

NATOベルト
NATOベルト

NATOベルトはカラーバリエーションが無数にあるので、自分の時計に合うものを選ぶのも楽しみの1つです♪

今回はストライプ柄のタイプ、通称「JBモデル」をチョイスしてみました。

ちなみにKAMASUのラグ幅は22mmです。

KAMASUとNATOベルト
KAMASUとNATOベルト

映画「007」でジェームズボンドが着用したことで有名なカラーです。

だから「JBモデル」って呼ばれるんですよ。

スポンサーリンク

NATOベルトの取付方法

専用工具を使って「バネ棒」を外し、純正のステンレスベルトを取り外します。

ステンレスベルトを取り外す
ステンレスベルトを取り外す

つづいて「バネ棒」のみを腕時計に取り付けます。

バネ棒を取り付け
バネ棒を取り付け

NATOベルトの端(長い方)を12時位置から裏蓋側に通します。

12時位置から裏蓋側に
12時位置から裏蓋側に

次にそのベルトを6時位置から表側に通します。

6時位置から表側に
6時位置から表側に

ここで一旦 ベルトをぐっと引っ張って・・

ベルトを引っ張る
ベルトを引っ張る

ベルトの端を金具に通します。

金具に通す
金具に通す

はい、これでNATOベルトの取り付けは完了です。

NATOベルトの取り付け完了
NATOベルトの取り付け完了

なかなか似合いますねー♪

ミリタリー感がUPしたんじゃない!?

あとは自分の腕に巻いて時計本体の位置を微調整しておきましょう。

ベルトを巻く
ベルトを巻く

手首が細い人や女性の場合はNATOベルトの先端が余ってしまうことがあります。

邪魔にならないよう先端をクルッと折り返しておくとよいでしょう。

ベルトの先を折り返す
ベルトの先を折り返す
スポンサーリンク

NATOベルトの使用感

NATOベルトは軽くて柔らかくて腕にフィットするため、ステンレスベルトとはまたちがった装着感を楽しめます。

丈夫で水に強いというのは大きなメリットで、汚れた場合は洗剤で洗ってもOKです。

梅雨の時期や大量の汗をかく夏、そして雪が降る冬の時期などオールシーズンで使えますし、アウトドアでのユースにも最適でしょう。

KAMASU+NATOベルトのリストショット
KAMASU+NATOベルトのリストショット

NATOベルトは裏蓋部分も覆うため(汗などで)腕時計が手首に引っ付いてしまうことはありません。

金属アレルギーを持つ人にも重宝されるでしょうね。

時計の裏側
時計の裏側

NATOベルトに交換することで見た目の変化も楽しめます♪

カラーによってカジュアルな雰囲気にしたり、ミリタリー感を出したりなど自由自在です!

今回はKAMASU(ダイバーズウォッチ)に装着しましたが、パイロットウォッチとの相性も良いですし、クラシカルな時計にもNATOベルトはよく似合いますよ。

左からOrientStar、KAMASU、Laco
左からOrientStar、KAMASU、Laco

NATOベルトはファッションアイテムとしてもいいですよ!

その日の気分でベルトを替えて楽しみましょう♪

まとめ

今回はお気に入りのオリエント「KAMASU」にNATOベルトを装着してみました。

期待どおり無骨なダイバーズと(JBカラーの)NATOベルトとの相性は良く、ミリタリー感がアップして大満足です♪

NATOベルトなら手軽に腕時計をイメチェンできますので、みなさんもぜひ一度試してみてください。